--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
05.26

リハビリコンサート

Category: おすすめの話

患者お友達の真美さんのコンサートへ行って来ました。


 真美さんはパーキンソン病を抱えながら思春期の子ども達を育てている現役のパーキンソンマザー。いつも病気に負けず、病気以外の世界を大切に過ごしていることに教えられる事が多く、現役母同志として尊敬しています。

私が病名の宣告を受けて、たくさんの医療本やネットで情報をかき集めていた頃、真美さんが上梓された「いのちの本」に出会いました。(当時のブログにアップした記事です。)
どの本を読んでも高齢の方を対象に、治療を続けながら寿命をまっとうするように、生活を縮小して動けなくなる日までを穏やかに暮らしていきましょう!という医療書ばかりの中で、これが私のかかった病気なの?と愚問を繰りか栄しているとき、日常の何気ない生活の中で抱える症状を克明に書いてくれた「いのちの本」は私にとっては、初めて病気を受け入れることになった一冊でした。


それ以来、P病に飲み込まれそうになると真美さんの優しい声が聞きたくなります。


一昨年のコンサートは私のほうがお約束を守れず、今回は満を持して5/6を楽しみにしていました。4月に新聞に取り上げられたこともあり、多くの方から反響があって急遽追加コンサートが設けられるというハプニングも起こり、私たちも追加コンサートへ行かせていただきました。


あの細いからだのどこからあんな声量の素敵な声が出てくるのか不思議でなりませんが、ソプラノの素晴らしい歌声が響くホールは、心から癒される空間でした。
同じ患者としては、お薬効いているかしら?そろそろ座ってね…なんて変な所が気になったりするのはご愛嬌として、たくさんのご友人と真美さんのご家族が心から応援しているあたたかな姿が伝わる素敵な時間でした。
喜寿を迎えられ、長年にわたって指導者としてご活躍されているお母さまは、真美さんとの二重奏も本当に素敵で、いつもしっかりものの真美さんがその時だけは娘の顔になるのが、家族っていいなぁとわが身に重ねて思ったり…


ほんの少し学生時代に合唱などかじったことのある私は、体一杯に歌声が響く瞬間は、きっと生きている実感を感じられるのだろうなぁと羨ましくもあったり。
P病の症状の中には声が小さくなる、筋肉が固くなる、バランスがとりにくい、動作や表情がにぶくなる、体の微調整がきかなくなる。こうして書いてみるだけでもどれだけ表現活動にとって難しい病気か想像してみてください。
きっと病気のいろいろな症状を思えば、困難な事がたくさんあると思うのです。

真美さん自身はこんなこと仰らないでしょうけれど、同じ患者としてはどれだけ真美さんがこのコンサーとや歌い続けるために苦しさを越えてたどり着いたか一端を垣間見る事が出来るのです。
チラシもポスターも、友人たちへのお招きのお手紙も全部真美さん自身がこだわって制作されたツール一つ一つが作品でした。

そして、多くの友人の皆さんが、真美さんを応援したいと思える影には、真美さんが病気になっても変わらずに暮らしているからこそ関係が続いているのだなぁと今日までの真美さんの人がらや生きる姿勢が魅力でもあり…。とコンサート以外にもたくさん感じて帰ってきました。

どうぞ、来年、再来年といわずずーっとコンサートを開いていただきたいと思っています。
とりあえず、温泉にでも入って、のんびりと次回まで充電していただいて、次のコンサートを楽しみにしています。

早朝のお弁当~母親業もお互い励ましあいながら、時にはカラオケや美味しいものも一緒に楽しみましょうね。>真美さん


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2006
09.29

モンブラン

Category: おすすめの話

あんまり甘いもの~というタイプではないのですが、
ケーキの中でモンブランだけは大好き!
この季節になるとケーキ屋さんや最近ではコンビニにも様々なモンブランが並びます。

モンブランのクリームが黄色から茶色になったのはいつの頃からでしょうか。
最近は茶色いクリームが主流ですね。
お洒落な茶色いクリームは秋らしくて上品でこれも美味しいのだけど…
私たちが子供の頃からの懐かしいモンブランはやっぱりてっぺんに栗ののっている黄色のクリームですよね。

どこかに黄色いモンブランがないかとググッてみたらありましたーーーーー!
「不・二・家」
ペコちゃん、あなたは偉い。
今日懐かしいペコちゃんと再会してしまいそうです。
Comment:3  Trackback:0
2006
09.18

となりの八百屋さん

Category: おすすめの話

本当に助かってます。


私は外出時には万一の時のために片手は杖でふさがっています。
車が運転出来ないので重い荷物を持っての歩行が大変です。
買い物は片手で持てる量となると野菜や調味料のような重いものがきれてしまうと気持ちまで重~くなってしまいます。


大食漢のわがや、週1回の生協に頼っていると配達日には玄関前に山のように保冷箱が積まれます。1週間分を入れられる冷蔵庫がないので、結局途中で買い物へ行くことに…。


しかし、この夏患者仲間のかげちよちゃんが教えてくれた「となりの八百屋さん
こんなに便利なものがあったのね~♪
地方のお取り寄席やお友だちとの交流の場所としては活用していてもまだまだ修行が足りませんでした。
かげちよちゃんのネット活用術をもっともっと伝授してもらって、省力で過ごす快適患者ライフを満喫しなくては…


このとなりの八百屋さん、100en-yaoyaというURLどおり、この夏の野菜の高騰の折にもお安い値段で提供してくれました。
もちろんお値段も有難いのですが、15:00までに注文すればクール宅急便で翌日には自宅に届けてくれます。
天気や仕事や学校と家族の様子を見ながら食べたいなぁと思ったものを頼めるので助かります。 お米も当日に精米して送ってくれます。
最近わが家では5分づきのお米をお願いしてます。

もうすぐ新米の季節。
今から美味しいお米が楽しみです。


Comment:2  Trackback:0
2006
09.06

「チビ」大活躍

Category: おすすめの話

9/2に大掃除について書きましたが、今回思い切って古い食器やおなべを処分しました。
今回、26cmのフライパンを処分して、22cmの深型と16cmの朝型の2種類のフライパンを購入しました。我が家は大食漢の5人家族。合わせて人が集まることが大好きだったので、今までわが家の食器やおなべは何でも大きい!当たり前ながら重い!なのです。
「大は小をかねる」がモットーだったのですが、思いがけずこの小ぶりな2つのフライパンが大活躍しています。
パーキンソン病のおかげで手作業が苦手と繰り返し書いていますが、炒め物は特に苦手度の高い作業です。でも、この22cmの深型のフライパンだとフライパンからの飛び出しも防げ、うまく加減をコントロール出来ない動かない手でもふちにぶつかってくれるので、比較的負担なく炒め物が出来るような気がします。煮びたしや肉じゃが的な煮物はこのフライパンでそのまま作るようになりました。そして新しい発見だったのが、16cmのチビフライパン。
今まで小さくて役に立たないと端から私の視野に入っていなかったこのサイズのフライパンが、お弁当はもちろん、お昼の大人用、塾息子用と何回かに分かれる最近のわがやの食事スタイルには手ごろで、小さな分軽量で何とも扱いやすいのです。それと…今回オレンジ色のちょっと可愛げなデザインのものにしたのでこの「チビ」に愛着がわいて出番が多くなっているのかも。
「大は小をかねる」のわがやの原則を見直して、「小粒で光る!」「ちょっと可愛げ(くまさんとかのデザインという意味でなく愛着がもてるもの)」に視点を広げてもう一度家の中を見渡してみます。新しい発見が生まれるのが楽しみです。

Comment:2  Trackback:0
2006
08.02

香りの幸せ

Category: おすすめの話

最近小さな楽しみをみつけました。ふわぁ~と香りに包まれて一口飲むとほっと安心する不思議な瞬間です。家庭ではコーヒー一辺倒だった私が最近楽しみながら飲んでいるのがルピシアの緑のフレーバーティーです。
紅のお茶もたくさんあるのですが、私には日本茶や中国茶が心地よいようです。
ここのフレーバーティーはフルーツの香り。
たくさんの種類の中からいくつかを注文してみました。
桃、ライチ、あんず、はちみつ&和梨、グレープフルーツ、どれもふわぁ~と広がるフルーツの香りに包まれるととっても幸せな気分です。
今のお気に入りは桃の烏龍茶。あたたかくても冷やしてもすっきりふわぁ~で幸せです。
当分いろいろ楽しみながらお気に入りの香りをみつけたいと思います。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。