--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
02.05

たかが名前、されど名前

Category: 仕事のこと
新しい仕事を始めるにあたり、あわてて、書類の整備をしています。
いろいろな書類を参考にしながら記入例を作るのですが、これが結構笑えまして。

例えば^^;

氏名 〇〇〇〇(ここからひっかかってどうする…なんですけど。)
この〇〇の所に何かを入れようといろいろな会社の書式などを調べてみると…

1.会社名をつかって
  セゾンカードは「西武 一郎」とか、銀行だったら「三菱 太郎」

2. 地方自治体だと
  「千葉 花子」「東 京子」「山梨 桃子」

こういうのは一般的なんですが、弊社、ちょっとカタカナ三文字で、その上漢字にはめるとどうしてもしまりがなくて使えません。

それなら…ともう少し個性的なものを探してみたら、ちょっと首をひねったり、笑えるのもあったりします。

3. 可もなく、不可もなく
  「鈴木一郎」とか「佐藤 あや」など同姓同名の方がいそうなお名前

4. 有名人系
  「木村 拓也」「吉永 小百合」「高倉 健」等
  なぜか、国民的な役者さんということなんだと思うけれど、若い人
  にはあまり馴染みのない有名人の名前が多いんですね。

他に…
高齢者対象だからとはいえ
「高齢 仙太郎」って、なぜ"仙太郎"?
希望系?
 「天職 叶恵」「青空 晴男」「大海 望」

たかが名前、たかが記入例、こんなことばっかりひっかかっているので、なかなか仕事がすすすみません。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2007
09.30

広く知ってもらうには

Category: 仕事のこと
週末、某所でNTTDocomoさんの商品説明を受ける。携帯

D800iDS
http://www.nttdocomo.co.jp/product/concept_model/d800ids/index.html

この商品、今年の2月に発売されたとのこと。
初の2画面タッチパネル方式!

多分、当時ニュースなどにもなったと思うのですが、私は今回まで知りませんでした。
この商品タッチパネルとしての仕様はもちろん、カーソルが自動で移動し、それを選択することで様々な操作の出来るオートスキャン機能がついています。
この機能を使うと、接続スイッチをON、Offで切り替えるだけで操作が出来るので障害によって通常の携帯の操作の出来ない方でも携帯電話を使用することが出来るようになります。

手に震えのある私たちパーキンソン病患者にとっても、安定して利用できる気がしました。

でも…あまり売れていないみたい。(当たり前だ!)
販売店でも、コマーシャルでも見たことがありません。
それに、障害者用の機種としてでなく、もっと便利な機能をどんどん紹介して欲しい。
高齢者の方にも便利そう。

公式ホームページでも「コンセプトモデル」なんていう地味なところで私でさえなかなか見つけられずに探してしまいました。

せめて「らくらくフォン」のところに並べてくれたらもう少し周知されるかも。らくらくな機能がいっぱいついているんだから、らくらくフォンでもいいんじゃないかしら…
ディスプレイ

2画面方式、通常数字を打つ下の部分がタッチパネルです。
1画面、3画面、6画面、10画面、切り替えと様々なメニューを画面を選ぶことが出来て…

3画面表示1 3画面表示2 6画面表示  切り替え画面


使いたい機能のアイコンに直接ふれれば、操作が出来ます。
これって、高齢の方には直接的でわかりやすいんじゃないかしら…
手書き入力
手書き入力とか
文字入力
文字板を使って、2段階に「た行、つ」って選んだら、今のローマ字で一つずつ送りながら「たちつ」って送るよりも慣れれば操作性がいいかもしれないし
お絵かき
お絵かき入力なんかは若い子のプリクラ代わりに十分楽しめるんじゃないかしら…

もっともっと紹介してくれたら、ユーザーがもっと面白い使い方を発見してくれると思う。

この機種しか使えない障害者ユーザーのためにも、一般ユーザーにどんどん知ってもらいたい。
そこで、買い物ついでに値段を調べてみたけれど、0円携帯が並ぶ中、悲惨な結果に…。

 ご近所量販店では取り扱いがなく、
 Docomo直営店では定価10,000円
  様々な値引きを利用して販売価格が4000円!
  プラス充電器などの費用と事務手数料3,000円を後日ということは初期費用で8000円

これでは0円携帯には太刀打ち出来ないですよね。

どうか、いつのまにか販売終了ということにならないようにと祈るのみ…。
softbankで発売されたら欲しいなぁ。
でも、2年間の縛りがあるんだった。目の前の壁は大きそう。
Comment:2  Trackback:0
2007
09.11

目から鱗

Category: 仕事のこと
今月に入り新しい分野のセミナーを受講しています。
「パソコンボランティア養成講座」

障害を持った方にIT機器を通して社会につながって欲しい、自立のための一歩を踏み出して欲しいというサポーターとして活動するための養成講座です。
私が受講する側でもおかしくないのですが、少しでも何かお役に立てて、その出会いから何かが生まれるのなら…と受講することにしました。

3回の受講なんですけど、この内容が濃い!
目から鱗の数々。

第1回では視覚障害の方からお話を伺いました。
パソコンって見るものと思っていましたが、視覚障害者の方にとっては声で情報を得る機会なんですね。
発想の転換が必要です。

家のポストに入っている手紙が怪しい広告か、断水のお知らせか週に1度ヘルパーさんが来てくださるまで内容がわからない不安。
自分が働いたお給料を銀行の窓口で読み上げられる屈辱。
ネットを通じて人とつながれる。不安に思うこと、困ったことを人の手を借りなくても「自分で」調べられる安心感。

聴けばそうだなぁと思うけれど、実際の生活の中では知らずにすごしている想像したことのない世界がすぐ隣にあるんだよね。

関節リウマチで10代で電動車椅子の生活になった利用者さんは、やはりパソコンを購入し、好きなアイドルのファンとつながったことで少しずつ世界が広がり、在宅講習、シスアド取得、在宅での就職と一歩ずつ世界が広がっている喜びを伝えてくれました。

「情報保障」「ネットでつながる世界」
障害者にとって「心の自立」に必要なことなのかもしれません。
目の悪い人がめがねをかけるように、病気や障害を持った人たちが当たり前にネットにつながれる、その一端に関われたらパーキンソン病になったこともまんざらではないと思えるかもしれません。

新しい出会いを求めて、今週末の最終回を受講したいと思います。
Comment:2  Trackback:0
2007
08.03

新しい一歩は汗をかく

Category: 仕事のこと
今日は来月から受講したいと思っているコンピュータ関連の資格講習の説明会へ行ってきました。

せっかく都内へ出るので、講習会の前にプレゼントするつもりで渡しそびれていたフラワーアレンジを渡すことにして待ち合わせ。

グリーンカレー


思いがけず、タイ料理のお店でランチ。
友人との久しぶりの時間は、夢中にお話してしまいました。
ありがとう。>Mちゃん

久しぶりのグリーンカレー。
思ったよりもまろやかで、おいしくいただいたのだけれどこうしてブログの写真を探しながら、あぁタイ料理の香りのお店でトムヤンクンを飲めばよかったなぁと。ちょっと後悔。
もう一度近々にタイ料理再チャレンジしたいです。

講習説明会にはぎりぎりセーフで飛び込み!

全員受講できるのかと思っていたら、スキルチェックで合格した人のみが受講できるとのこと。予想外でびっくり。

日ごろ使っているパソコンの操作も、あらためて文章にして説明したり、何気なくやっている操作を順序だてて文章にすることを求められるとなかなか表現が難しい。

講習説明会まではよく歩いたし、とっても暑かった一日。
汗をかきながら一歩はじめてみました。


Comment:0  Trackback:0
2007
04.21

みんなの手話(NHK)

Category: 仕事のこと

去年、手話覚えよう!と思ったことはここにも書いたけれど。
その後、自分も体調を崩したり、仕事も忙しく、手付かずに半年が過ぎ…。


この半年の間に同僚の手話はほんの少しだけ単語をつないで理解できるようになったり、私も読み取りやすく話が出来るようになって、必要度が低くなり、すっかり遠のいていたのですが。
4月からもう一人聴覚障害の新入社員を迎えることになり、研修をしたり、一緒にいろいろなことを話すうち、やはり手話を覚えたいと切望するようになってきました。

仕事上の問題はいろいろあるけれど、2人が聴者の世界で働く努力をしている中で、私も聾者の世界を少しでも理解したい、一緒に働いていきたいという気持を伝えるには私が手話を覚えようとしているという現実が大切なのかなぁと勝手に思ったわけで…


4月からはじまったNHKの新シリーズ「みんなの手話」に挑戦しています。
去年必要に感じて見始めたときには、かなりカリキュラムも進んでいてスピードについていけなかったけれど、新シリーズでは今日が3回目。
どうにか着いていけてるかな。

前回も書いたけれどP病で固くなっている指には、手話表現は難しい。
固い指に併せて、表情というのも手話の場合かなりのウェートをしめるようなのですが、これが能面顔になりそうな私には難しい。
一つ一つがP病の敵!
頭からの指令もなかなか「ピピッ!」と反応しないし、何度繰り返しても覚えないし。
P病のせいなのか、加齢のせいなのか…
年のせいにしたくないので、PCに録画した映像を繰り返し見ては引き攣りそうな指を動かしながら、深夜にぶつぶつとやっています。

これ、後ろから見るとかなり不気味みたいです。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。