--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.29

ありがとう

Category: 家族のこと
coo

今朝、9我が家の三男坊、愛犬Cooが旅立ちました。

正月に危篤状態で家族中に心配させながら、復活してくれたのですが、その時に肺がんの疑いがあり、肺がんは最終の状況なので、手術や大学病院での抗がん剤治療などを使っての治療を希望するのか心積もりをという話がありました。

この半年、元気に日常と変わらない日々を過ごしていましたが、やはり体力的には弱っていて、今年の夏を越せるかなぁ、暑さが厳しくないとよいけれど…と話していた矢先の事。

1週間ほど前、何となく動きが悪いね、庭に出てトイレをしていたCooが室内で粗相をするようになり、足を上げずにトイレをしているなぁと、がたがたと日に日に食事がのどを通らなくなり、あっというまの1週間でした。

昨夜はここ数日、徹夜みたいな状態が続いていたので、23:00ごろ交代で休んだのですが、様子がおかしいと起こされたのが2時ごろ。
この3時間、私が寝ている間に、Cooはすっかり頬がこけて、人相というか顔つきが変わっていました。
突然自分の周りに、私や息子達が集まってきたことに驚いているようで目だけをくりくりと動かしながら、荒い息をしていました。
それでも、自分のお皿から水を飲む気力はまだあったのですが…。

今日は長男は文化祭で登校日。
後ろ髪をひかれるように、Cooの頭をなでながら、自由登校だからといつもより遅く、8時過ぎに出かけていきました。
それから、どのくらい経ったのか、頭をくっつけるようにL字型のソファで添い寝していた私が気を抜いて転寝をしてしまって…
バタンという物音と同時にCooの叫び声で起きたときには、ソファから数歩離れた所で倒れていたCoo。
慌てて夫を1階から呼んで、夫が駆けつけた時には息も殆どなく、あっというまに抱き上げようとした私と夫の腕のなかで旅立ちました。

転寝さえしていなければ、1人でCooを逝かせてしまったのではないかと悔やんでも悔やみきれませんが、今はまるで昼寝をしているように、何事もなかった様に自分の毛布の上で寝ています。

10年、家族でした。
私達家族がそれぞれに辛い思いをしたり、悩んでいるとき、いつもCooが言葉に出来ない言葉を受け止めてくれました。家族の誰もが辛いとき言葉に出さずに、Cooの柔らかな黄金色の毛をなでて、どれだけ助けられたかしれません。

生まれつき片目だったので、警戒心が強くて、なかなか心を開かず、やんちゃなこともありました。
よくキャンプにも一緒に行きました。
怖がりで散歩も嫌い、水はもっと嫌いで川にも湖にも近づかず、憧れのカヌー犬にはなれなくて、無謀にも湖の上でカヌーから脱出しておぼれかけたり…。
キャンプ場で大型犬のカレンダー撮影会と遭遇したときには、異国に一人放たれた言葉の通じない人のように、おびえて小さくなってきょろきょろしていた愛くるしい顔が今でも忘れられません。

息子が出かけて、私が寝ている一瞬に一人で逝ったCoo。
わがままだと思っていたのに…。
あなたは、いつも家族に気を使ってくれていたのですね。

Coo、明日の夜まで一緒に過ごそうね。
決して、いい飼い主ではなかったけれど、家族は皆Cooのことが大好きだったよ。
もう一度一緒にキャンプいきたかったね。
目のことがあったので写真も少なくて悔やまれることばかり…。
本当にごめんね。
10年間、本当にありがとう。Coo。いつか、又、会える日を信じています。
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2008
02.03

雪だるま

Category: 家族のこと
一面の銀世界♪

節分を前に降る雪が好きです。
きれいにすべてを清めて新しい春を迎える、毎年そんな気がします。

庭も一面真っ白でCooは外に出たくないようで、さきほど やっとあきらめて用を足しに出ていました。
子犬の頃は喜んで飛び回っていたのに…。

雪だるま


子供たちも庭で雪だるまを作る年ではなくなったようです。
たった2年しかたっていないのに、可愛くなくなったものです。
http://yaplog.jp/egaogenki_plog/archive/136

ちょっと思い出して2年前の雪だるまに登場してもらいました。
Comment:0  Trackback:0
2007
10.20

大地讃頌

Category: 家族のこと
次男の中学の文化祭へ行ってきました。
今年は創立60周年の周年行事と合唱祭と展示会です。

合唱コンクールというとうるうる涙が出てきちゃう母です。
中学も高校も卒業後も合唱三昧だったので、特に学生コーラスを聴くと胸が躍ります。
息子は2年生。
息子学年も一生懸命歌っていました。
学校が変わるとこうも違うのかと、前の学校のように朝練も放課後練習もせず、家でテープで練習する姿も見なかったのですが、どのクラスも難しい曲を自由曲に選んでいました。

息子の発表も程ほどに私が嬉しいのはやっぱり3年生の課題の「大地讃頌」
私が学生の頃からのスタンダードな合唱曲です。
声変わりの不安定な中学生には難しいなぁとも思うのですが、中学生だからこそいきいきしたあのハーモニーが出るんだなぁとも思います。

合唱三昧だった私には大抵コンクール最後に表彰式の後、会場全員で歌うのがこの曲だった思い出もあります。
表彰される受賞者だけが壇上で歌える憧れの曲でもありました。

Youtubeで北海道の中学校の歌うものがありました。http://www.youtube.com/watch?v=p8XPok6Tum4
こんなに力強い歌声は息子の学校にはなかったけれど、それでも一生懸命歌ったこどもたちが、すがすがしいいい顔をしていたのが嬉しい一日でした。

Comment:0  Trackback:0
2007
10.07

父 3回忌

Category: 家族のこと
早いなぁ。
父が家族全員に見守られる中旅立って2度目の秋になります。

去年もお手軽法事だったんですが、今年もお寺さんでのご供養は事前にすませて、当日は墓参りと全員集合の会食会で落ち着きました。

父の100ケ日から恒例になっている家族全員集合での会食会。
5人兄弟のわが家は今やそれぞれのパートナーと子供達が集まるとかなりにぎやかで、今回は母の住む団地の集会室を借りて宴となりました。

今年は姪の幼稚園運動会と重なったので、妹はそちらに専念ということで精進弁当を注文。
obentou

それで足りるわけはないので、私はおつまみにもなるおかずを持参。
運動会で疲れた妹一家と離れて、その後はカラオケへ。

おバカな弟達の持ち出し芸が続き、久々に涙を流しておなかを抱えて笑いました。

あぁ、こんな所に父がいられたらよかったのになぁ。
きっとその場にいるんでしょうけど、2年間の病院生活を思うと、あと1度だけ外で食事が出来たらよかったのに…。
そう思いながら、毎年集まるのでしょうね。

父さん本当にありがとう。
久々のビールはいかがですか?
Comment:0  Trackback:0
2007
08.31

夏休み総括

Category: 家族のこと
今年の夏は本当に暑かったけれど、ここ数日過ごしやすくなってきたような気がします。

この夏休み、我が家ではひそかなプロジェクトが進行していて、実は激動の一月でした。それは…次男の転校。
昨年からずっと悩み家族で向き合った学校での出来事。
今年に入って何度も話し合いを続けてきたけれど、1学期の最後の日に信頼関係の糸が切れ、次男は新しい環境で中学校生活の半分を送ることに決意したのです。

それからは何がどうなったのか細かな記憶はなく、毎日毎日電話して、相談して、情報を得て、そこから一歩進んでまた相談して、状況が変わるたび、親子で話し合い、次男の意思を確認して…
次の学校が決まったのが8月半ば。
一足早く8月中から始まる学校だったので、今週から新しい学校へ登校しています。
緊張から体調を崩すというハプニングもありましたが、少しずつ穏やかに新しい学校で居場所を見つけてくれるよう見守っていきたいと思います。
。のんびりいこうね。応援してるよ。>次男
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。