--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005
03.27

義母の今後

Category: 未分類
{雷}先週は義母の入院のことでなんとなく落ち着かず…。幸い会社から近いので昼休みや帰宅途中で病院によれるので、夫の時のように1時間かけて{病院}お見舞いに比べると気軽に顔をだしたり、先生とも話が出来るので助かります。
でも来月で倒れて11年目を迎える義母の左半身麻痺も次のステージを迎えるようです。思いのほか動脈硬化がすすんでいることがわかり右にも影響が出始めていることや、脳梗塞までいかなくても不安定な状態であることは間違いないようで、今後の生活について考える一つのポイントの時期になりそうです。{ふきげん}11年前、脳内出血後、首も座らず車椅子にも座れなかった義母が、1年がかりでリハビリ病院で訓練をうけ、室内では車椅子に乗らず自分の身の回りのことはヘルパーさんに来てもらう程度ですむまでがんばってくれたからこそ続いたこの11年でした。今は11年前と違って、私も夫も病気を抱えていて直接義母の介護を引き受けられる自信がありません。この11年のあいだ、右応曲折はあったものの、ここ数年は週に2回のデイサービスでのリハビリに行き、月に2回は往診をお願いし、年に1度は検診をうけていたのですが、それでも脳の変化に気づいてあげられなかったものなのか。いろいろ考えながら、義母のこと、家族のことを考えながら今後の準備をすすめるのも大変と素直にすぐに前向きに考えられない自分が情けないやら…。複雑な感情をどうおさえるべきか悩んだ1週間でした。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2005
03.21

ショックです。

Category: 未分類
かなりショックでした。3連休を普通に過ごしましたが、それでも明日の出勤、気が重いです。今週はずっと体調が悪く、週中から{月}なこともあって金曜日は朝から体調が悪く体がうまく動かず遅刻していったのですが、昼休みを過ぎ、休憩から事務室に戻る途中、だんだん体が重くなりすり足でも足が運べなくなり、エントランスの途中で一歩も進めなくなってしまいました。{げっ}ポケットに入っていた携帯電話で外線で警備さんにきてもらって肩をかりて事務室まで戻ったものの徐々に上半身にも影響がでそうで…。
結局事情を話しタクシーで帰宅しました。病気のことは話してありますが、そこまで職場で症状が出たのは初めて。偶然社長も、上司も不在で嘱託の週末だけいらっしゃる方だけだったのですが、きっと噂になっていることでしょう。{ショック}最近ジストニアの発作が続いていたので、ジストニア対策には気をつかっていたのですが、無動の症状が出ていなかったのでショックも大きく、職場に何と行ったらよいのかと気が重くて…。薬も時間を守って飲んでいるのに、効く日と効かない日があり、それが何が原因なのか、最近は病名もあやしくなってきて、これからの生活については不安が募ります。病気が進んでいるのか、私の体調や気候のせいなのか、性格的にもなす術なしが一番辛いです。{爆弾}
Comment:0  Trackback:0
2005
03.19

塾スタート

Category: 未分類
この1年すっかり親離れと心配をかけてくれた長男1号。
今日から塾通いがスタートです。{左:}
少しでも気持ちよくスタートしてほしいし、応援したい気持ちが伝わればと仕事が終わってからの時間少し早めに待ち合わせして、必要な文房具を買ったり、軽食を一緒にしたりして久しぶりに2人でのデート?をしてから塾へ…何か緊張していて、いつもの彼とは違う様子。見学していかれますか?と先生はすすめて下さったけど、ここは子離れ、子離れと言い聞かせて自宅で待つことに。帰ってきた1号は、とっても楽しかったよ、もっと早くからいけばよかったなぁ。だって…。何か気がぬけてしまった。1年間あんなに心配していたのは何だったんだろうね。でも楽しく始められたならそれで良し。これをきっかけに復活してくれることを母は祈ってます。
Comment:0  Trackback:0
2005
03.19

義母入院

Category: 未分類
同居している夫の母が軽い脳梗塞のため入院しました。{右:}
続くときは続くものですね。

同居している夫の母は10年前に脳内出血で倒れて、日頃から左半身麻痺を抱えて暮らしています。今朝トイレに行こうとおきてきたのですが、何か足に力が入らずふらついて体が浮いているような感じがするというのです。何となく言葉のろれつも思うように行かないようです。
でも、10年前に倒れた時とは様子が全然違うし…夫と『脳梗塞かも?』と頭によぎり、定期的に往診に来てもらっている係りつけ医に相談し近くの{病院}運んだところ、脳梗塞まではいかないけれどこのままにしていたら数日うちに起こしていたであろうとのこと。小渕首相が倒れる数日前に言葉が出なくなった様子を思い出し、朝私たちの出勤前に気がついて本当によかったと思いました。義母は救急から病棟へ移った頃にはかなり元気になっていて、今は血流をよくする点滴と毎日のリハビリをしながら、全身の検査をしてもらっています。結果的には10年ぶりに心配だったけど逆に気がついて検査もしてもらえて一安心。{笑}

Comment:0  Trackback:0
2005
03.16

言葉遊び2

Category: 未分類
あるサイトの書き込みにこんなことがありました。
{左:}友人にやさしい人=(相手に対して、損得抜きで接する事)(一緒に泣けること)(正直気持ちで接する事)そして(わたしのために厳しくしかってくれる人)という答えが返って来ました。又ある人は(言葉に出さない思いやり)と。

私はどうだろう。あまり友人にやさしい人ではないけれど、(どんなことがあっても信じること)(相手の身になってどんな時も寄り添う努力をすること)(自分の気持ちを隠さず正直にまっすぐに接すること)を心がけたいといつも思ってます。
友人の皆さま、今後ともよろしくお願いします。
Comment:0  Trackback:0
2005
03.13

全員でゴール

Category: 未分類
{左:}ボーイスカウトで恒例のオーバーナイトハイク。各班ごとに30kmを夜通し歩きます。長男は3年目、次男は今年初参加です。次男は体が小さく、末っ子特有の甘えが出るので班の方々に迷惑をかけるのではないかと心配で、23:00過ぎ夫と様子を見に行こうか、と親ばかに{車}に乗ってたぶんこの道であろうコースを車で探しながら出かけました。
23:30頃一番の難所と思われる坂道の途中で5~6人の子どもたちとすれ違いましたが、さすがにこんなに早くここまでたどり着けるはずはないと、他の団でもやってるんじゃないの?と呑気にすれ違ったのですが…私たちが想定していた近道はコースではなかったらしく出発地点までついてしまい、往きにすれ違った子どもたちが、息子達と同じ団とすれば何かの配慮で出発時間が早まったのかもしれないと、別ルートで追いかけてみることに…。0:00頃から数箇所で5~6人ずつのグループを見つけました。体の小さな子が大きなお兄さんに荷物を持ってもらい、手を引かれていく姿を発見。丁度近くのコンビニの駐車場で休憩をとるところでした。5年生と思われる体の小さな子達が3人ぐらい座りこんでいます。先輩たちがお茶を配ったり、一人一人と座りながら話こんでいます。体調やまだがんばれるか等と話しているのでしょう。どこに息子がいるのかは発見できませんでしたが、その後も数組の子どもたちを追い抜いて、帰宅しました。
Comment:0  Trackback:0
2005
03.12

男の子母の会?

Category: 未分類
{右:}昨夜久しぶり川を越えて友人たちと楽しいおしゃべりに花を咲かせてきました。同じ年代の子どもを持ちながら仕事を続けてきたWMのお友達5人です。
皆さん中学生の子どもがいるとは思えぬ、美人ぞろい。
久しぶりに思いっきりお話して、美味しいものを食べて嬉しい時間でした。
一番の話題はどうしても難しい年頃の子どものこと、最近私たちの間では
母親にとって未知の世界の男の子子育てを、ある方の命名により「バカチン道」と読んでいるのですが昨夜も丁度皆男の子の母だったので、なんで中学生の男の子はこんなに難しく、わからないんだろうとバカチン話で盛り上がっていた所、いつも穏やかなAさんがだって染色体が1本足りないんだもん!と名言。妙に納得して、そうか、最初からそういう風に生まれてきているのね、とずっと心配かけてもしかたないのねぇとあきらめたような救われたような…
出来ることなら月に一度ぐらい、皆で楽しく話したり出来るとよいのですが、皆仕事に家庭に子育てにと忙しくなかなか実現しないのですが、それでも時々楽しい時間をすごせればなぁと思いました。さぁ次回はいつになるかしら…花見でもこどもの日でも、季節の変わる前にまた集まりたいなぁ。
Comment:0  Trackback:0
2005
03.03

父の誕生日

Category: 未分類
今日は1年前から病院生活をしている父の誕生日。
先週の日曜日、お見舞いに行く予定にしていたのですが、夫の退院で気がぬけたのか、この土日体調不良と疲労ですっかり沈没してしまってお見舞いにいけなかったのです。明日は父の誕生日だねと昨夜家庭で話題にしていたのに、何もしていないことに気づいたのは当日出勤後のことでした。
{左:}
カードの一つも送っておけばよかったなぁ、今更電報というのも忘れていたのがみえみえだし…。ご近所の花屋さんからなら対応してくれるかも、と情報をもらいながらも、どんな花が届くかわからないし隣の病院の花やさんからじゃ嫌だなぁと、自分の気に入らないものを送るのも納得できず、結局父が入院している病院の近隣の花やさん、それも前から狙っていたブリザードフラワーを取扱っているおしゃれな花屋さんはないかしら、と当たってくだけろ昼休みにやおら花屋探しにネット探索。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。