--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
06.29

ありがとう

Category: 家族のこと
coo

今朝、9我が家の三男坊、愛犬Cooが旅立ちました。

正月に危篤状態で家族中に心配させながら、復活してくれたのですが、その時に肺がんの疑いがあり、肺がんは最終の状況なので、手術や大学病院での抗がん剤治療などを使っての治療を希望するのか心積もりをという話がありました。

この半年、元気に日常と変わらない日々を過ごしていましたが、やはり体力的には弱っていて、今年の夏を越せるかなぁ、暑さが厳しくないとよいけれど…と話していた矢先の事。

1週間ほど前、何となく動きが悪いね、庭に出てトイレをしていたCooが室内で粗相をするようになり、足を上げずにトイレをしているなぁと、がたがたと日に日に食事がのどを通らなくなり、あっというまの1週間でした。

昨夜はここ数日、徹夜みたいな状態が続いていたので、23:00ごろ交代で休んだのですが、様子がおかしいと起こされたのが2時ごろ。
この3時間、私が寝ている間に、Cooはすっかり頬がこけて、人相というか顔つきが変わっていました。
突然自分の周りに、私や息子達が集まってきたことに驚いているようで目だけをくりくりと動かしながら、荒い息をしていました。
それでも、自分のお皿から水を飲む気力はまだあったのですが…。

今日は長男は文化祭で登校日。
後ろ髪をひかれるように、Cooの頭をなでながら、自由登校だからといつもより遅く、8時過ぎに出かけていきました。
それから、どのくらい経ったのか、頭をくっつけるようにL字型のソファで添い寝していた私が気を抜いて転寝をしてしまって…
バタンという物音と同時にCooの叫び声で起きたときには、ソファから数歩離れた所で倒れていたCoo。
慌てて夫を1階から呼んで、夫が駆けつけた時には息も殆どなく、あっというまに抱き上げようとした私と夫の腕のなかで旅立ちました。

転寝さえしていなければ、1人でCooを逝かせてしまったのではないかと悔やんでも悔やみきれませんが、今はまるで昼寝をしているように、何事もなかった様に自分の毛布の上で寝ています。

10年、家族でした。
私達家族がそれぞれに辛い思いをしたり、悩んでいるとき、いつもCooが言葉に出来ない言葉を受け止めてくれました。家族の誰もが辛いとき言葉に出さずに、Cooの柔らかな黄金色の毛をなでて、どれだけ助けられたかしれません。

生まれつき片目だったので、警戒心が強くて、なかなか心を開かず、やんちゃなこともありました。
よくキャンプにも一緒に行きました。
怖がりで散歩も嫌い、水はもっと嫌いで川にも湖にも近づかず、憧れのカヌー犬にはなれなくて、無謀にも湖の上でカヌーから脱出しておぼれかけたり…。
キャンプ場で大型犬のカレンダー撮影会と遭遇したときには、異国に一人放たれた言葉の通じない人のように、おびえて小さくなってきょろきょろしていた愛くるしい顔が今でも忘れられません。

息子が出かけて、私が寝ている一瞬に一人で逝ったCoo。
わがままだと思っていたのに…。
あなたは、いつも家族に気を使ってくれていたのですね。

Coo、明日の夜まで一緒に過ごそうね。
決して、いい飼い主ではなかったけれど、家族は皆Cooのことが大好きだったよ。
もう一度一緒にキャンプいきたかったね。
目のことがあったので写真も少なくて悔やまれることばかり…。
本当にごめんね。
10年間、本当にありがとう。Coo。いつか、又、会える日を信じています。
スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2008
06.24

公開セミナーとアンケート協力のお願い

Category: 未分類
title
公開セミナーのお知らせです。

2008年8月29日(金)17:00~18:30 (東京 タワーホール船堀)

日本難病看護学会 第13回学術集会において
「若年性パーキンソン病を持つ人たちと語る」という公開セミナーを
開催いたします。
広島国際大学 看護学部教授 秋山智先生主催のセミナーです。
このセミナーの企画、当日までの準備などを私、Mimがお手伝いさせ
ていただいています。

医療・看護などの専門職の方にもなかなか理解いただいていない若年
患者の病状や、就業、日常生活、看護職への希望など、若年患者を
取り巻く現状について、事前アンケート、体験談などを踏まえ、当日
若年患者さんに生の声を届けていただく企画です。

東京開催になりますが、一般のかたも無料で参加できる公開セミナー
です。

つきましては、若年患者のみなさま
事前アンケート、皆さんの日常の中でのご意見など ご協力いただけ
ないでしょうか。

こちらに期間限定ホームページを設置いたしました。
「若年性パーキンソン病をもつ人たちと語る」

ご協力いただきましたアンケート内容、掲示板でのやりとりなどは この
セミナーの参考にさせていただきますが、その後は個人情報と して
外部に漏らさないこと、今後の研究、学術内容としての利用を させて
いただく場合には個人の限定がされないよう、最善の配慮を させていただ
きます。

詳細はホームページにてご確認ください。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Comment:0  Trackback:0
2008
06.17

長い道のり

隔月に開催しているリラの会定例会。

会を重ねて5回目にして"はじめて"晴天の中での開催となりました。(笑)

昨年の8月に"前向きに生きるためのパーキンソン病患者会"を作ろうと話はじめて、10ヶ月。
会員数も50名を越え、毎回30名程の方が参加してくださっています。
高名な先生が出席するわけでもなく、とりたてて特別な趣向があるわけでない、交流会に集まってくださる皆さんはあたたかい。
開催場所の練馬区周辺の方だけでなく、都下、横浜や埼玉などから足を運んで下さる方、中には、山梨や愛知、長崎と遠方から遊びに来てくださる会員さんまれいらして、本当にありがたいです。

夫婦
出席してくださる会員さんの中に、何組か、毎回ご夫婦で出席してくださる方がいらっしゃいます。

今回は、ご夫婦の姿がとても印象的でした。
人生の先輩であるご夫婦たち。
病気を抱えるご主人のお隣で、いつも明るく、笑顔の素敵なMさん。
奥様が患者さんで献身的にサポートされるご主人の様子が微笑ましいAさん。
「僕は家内のサポーターです。」とお人柄伝わるユニークな魅力のIさん。

皆さん共通に患者さんを支えるご家族の明るいこと。

今回は睡眠障害が話題だったのですが、寝返りのうてない奥様を1時間おきに介助するので夜は熟睡できなくて、通勤の電車が幸せのときなんですよ~、とか、どうしても眠れずに、布団の中でごそごそとしていると、ご主人が足をさすってくださる等など
皆さん、大変なのに、幸せそうで、どんなに過酷な状況でも笑顔で話してくださるその雰囲気が、他の参加者にあたたかな時間を伝えてくださるのです。

昔、老夫婦がてをつないで、軽やかにスキップしながら、買い物に行く台所洗剤のコマーシャルがありましたね。
海外の公園で、ベンチに座って何をするでなくのんびりと過ごす老夫婦に憧れたこともありました。
人生を共に歩いて、子育てや仕事から離れて、夫婦二人穏やかに過ごす日々。

病気を抱えて、家族の明日はどうなってしまうのかと、たくさんの不安を抱えている患者も多い中、リラの会の先輩達をみていると病気になっても幸せな日々はやってくるのだなぁと、それぞれのご夫婦から伝わる日々のご様子。
長年一緒に歩んでこられたから、ならではの安心した空気が周囲をほんわかと包んで下さるのです。
それぞれ、健康な頃は、どんなご夫婦だったのでしょうか。

たくさんお話を伺って、先輩方のような夫婦になれればと思った定例会でした。

次回は8/9(土)です。
暑さの厳しい季節になりますが、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。



Comment:3  Trackback:0
2008
06.12

鉛色の空

季節外れの台風に続いて入梅。

梅雨のイメージ1
先月中ごろから、体の節々に小さな重りをつけたような日々が続いている。
患者さんの友人達も口をそろえて、
"なんかすっきりしないよね"
"動きが悪い感じなの"
"薬を飲んでも効かなくて…" と気の重い日々が続いているようです。

私も半日横になったり、外出先で無動になってしまったり、静と動のコントロールのつかない日々が続いています。
先月に比べると1回分多く服用する日が増え、外出や何か集中しなくてはいけない作業をするときには、頓服で薬を追加する日が増えています。

雨が降っている日よりも、雨が降りそうな、鉛色の空に包まれたどんよりした灰色の日が特に具合が悪いようです。

鉛色の空

"何となく1回分薬を空打ちしている感じ"

以前、毎日体調を記録していた頃、やはり雨の降る前日が体調を崩していました。
気圧や天候と体調、薬の効果に因果関係があるのでしょうか。

とはいえ、「雨の日は3時間ごとに」、とか「気圧が***になったら、1錠追加」なんて処方も出来ないでしょうし、根拠になるデータもないんでしょうね。

患者自身が体調に合わせて、薬を調整しながら服用出来る様になるまで、主治医と話し合いながら、根気よく付き合っていくしかないようです。

パーキンソン病は、残念ながら、手術や、劇的な特効薬のある病気ではなく、根気よく自分の体と向き合いながら、一生付き合っていく病気です。
ゴールを目指してタイムを争い、いっきに走りきる短距離競技ではなく、青い空や道端の花を楽しみながら、マイペースで走り続けられる生活の中のマラソン選手のような心のありかたが必要なようです。
信頼できる担当医と伴走してもらうことが一番の特効薬かもしれません。
Comment:3  Trackback:0
2008
06.11

いかめし♪いかめし♪

Category: おいしい
いかめし

今日はご近所スーパーで、小ぶりで身が薄そうで、「いか焼き」に
するには、悲しくなるようないかが大安売り。
6~7匹入って"298円"迷わず、2パック買って来ました。
(もう1パックかってっくればよかったなぁ。)

"家庭でいかめし"普及委員な私。

友人達に、北海道土産かデパートの物産展で買ってくるものだった
いかめしが自宅で作れるんだぁ。とご好評をいただいています。

大急ぎで帰ってもち米をうるかしました。
あ、"うるかす"って、標準語ではないらしいです。
東京生まれの私なのに、道産子夫と夫の母と暮らすうち、"うるかす"
って標準語だと思っていました。

もち米を水につけて、1時間。
(本当は数時間つけたほうがよいと思いますが…)
圧力鍋ならうるかさなくてもよいのですが、いか飯はコトコトと煮たい
ので、もち米をうるかして、いかのおなかにもち米を詰めました。

しょうが、砂糖、酒、しょうゆでコトコト煮つけました。
7,8cmの小さないかめしが15個完成。
同時に、いかのげそともち米を土鍋で炊いて、いかご飯も炊きました。
ちょこっとこげた、香ばしいいかご飯も大満足!

あっという間に家族みんなで平らげて、幸せ一杯な"家めし"終了。

Comment:0  Trackback:0
2008
06.09

一秒の言葉

Category: 未分類
1984年にラジオCMとして製作され、翌年「行く年来る年」で放送されたセイコーのCMがリメイクされて放送されるというニュース。
昨年は小学校の道徳の教科書にも取り上げられたそうだ。

つい最近、家族の「ありがとう」という言葉がどれだけ心救われるかと教えられたばかり。
大切にしたい「一秒の言葉」

時計

「はじめまして」
  この一秒ほどの短い言葉に
    一生のときめきを感じることがある

  「ありがとう」
    この一秒ほどの短い言葉に
      人の優しさを知ることがある
「がんばって」
  この一秒ほどの短い言葉で
    勇気がよみがえってくることがある

  「おめでとう」
    この一秒ほどの短い言葉で
      しあわせにあふれることがある
「ごめんなさい」
  この一秒ほどの短い言葉に
    人の弱さを見ることがある

  「さようなら」
    この一秒ほどの短い言葉が
      一生の別れになる時がある

一秒に喜び 一秒に泣く
  一生懸命 一秒
    一生懸命 コミュニケーション

新しいCMが楽しみです。

Comment:2  Trackback:0
2008
06.07

初夏のきまりごと

Category: おいしい
青梅
店頭に青梅が並び始めました。
まだ、ちょっとお値段も高めですが…
この季節、梅、らっきょう、元気な頃には当たり前にしていたことをどうしようかと考えます。

私の友人達では、毎年"梅仕事"と題して、様々な梅仕事が話題になります。
梅酒、梅シロップ、梅味噌、梅干…
私は梅酒と梅干を続けていますが、去年は梅干の値段をけちって、結局固くて食べられない梅干になってしまいました。
2007梅仕事 梅雨明け 来年に期待

今年はどうしようかなぁ。

梅酒
とりあえず、今年は梅酒は2瓶つけたいと思うのですが、値段と荷物の重さと考えながら、近々トライしようと思います。

梅干をどうするか…当分、悩みそうです。
Comment:2  Trackback:0
2008
06.03

梅雨なのに水がない?

Category: つぶやき
梅雨

あぁ!6月です。
今年はなんて早いのでしょう。
年々早くなるとも思うのですが、今年は特にあっという間と感じます。

昨日息子とクイズ番組をみていて、旧暦の月名が話題になりました。

6月は水無月

あれ?梅雨なのに…と思えば、旧暦では一月ずれるので、新暦では梅雨明けの
7月で水が枯れる月だからとか…
他にも、田んぼに水を張る月、で"水張月"とか"水月"田植えという大仕事を終
わったから「皆仕月(みなしつき)」という説もあるそうです。

他にも、かぜまちづき(風待月)、とこなつづき(常夏月)、なるかみづき(鳴雷月)
7月だったらぴったりという名前もいろいろあるのですね。

梅雨で体調崩しやすい植えに、時期はずれの台風ラッシュで、薬の調整が難しい
日々が続いています。
あぁ、すきっと爽快な青空がいいなぁ。

もうすぐ、今年も半分が終わってしまいます~。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。