--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
10.21

はるじょおん ひめじょおん

今年の春、歌手のイルカさんにお会いした。
(そのときの投稿はこちら。「選ばれし人」。)
子供の頃から、イルカさんの歌やノエルちゃんグッズが側にあった私には憧れの人でした。
学生時代、部活やバンドで何度も「なごり雪」や「海岸通」を歌わせてもらった思い出もたくさんあったし、深夜放送で叫ぶイルカさんも大好きだった。深夜放送でいつも話題になっていたご主人のカメちゃんは、私と同じ若年性パーキンソン病を30年間患って、昨年他界された。

その間の闘病を見守られてきた頃のご夫婦のお話を聞かせていただいたのだけれど、本当にご主人を大切に想っての30年だったこと、今も変わらずご主人を想っていらっしゃることが伝わるそれはとっても素敵な時間だった。
休憩時間には、偶然並んでいた高齢の女性のトイレ介助に自然と手を貸してくださり、ご自身のお話よりも出席者の薬の時間に気を配ってくださった。それは30年当たり前に介護家族として暮らしてきた証だった。
その後、プレゼントの御礼にとおはがきもいただいたのだけれど、歌手とかアーティストとしてのイルカさん以上に女性として、人として、私はイルカさんの魅力の虜になった。

今日久しぶりにテレビでイルカさんを拝見した。
「誰もしらない泣ける歌」世間では知られることのないアルバムの中の1曲や思い出の曲のエピソードに西田敏行さんが毎週号泣している番組なんだけれど、今日、その番組でイルカさんの曲が紹介された。


5月に咲くはるじょおん、6月に咲くひめじょおん
私はこの花が違う花だと知らなかった。
わがやの庭にも春にさく野生の花。
この歌はアルバムで聴いていたけれど、こんな意味があったとは…。
いつも一歩先を歩いていた人がいなくなる。
いつでもその姿をおって咲き続ける人でありたい。
イルカさんの想いを聞いて、また私はイルカさんが好きになりました。

スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
2008
10.15

もっと歌いたいぜ

Category: お知らせ
恥ずかしながら…
44マグナムのPaulさんという方が、私と同じ若年性パーキンソン病だということは患者達の間で話題になっていたけれど、私は海の向こうのアーティストだとばかり思っていた。
マイケルJフォックスやモハメド・アリのように。

しかし、Paulさんは日本人で、梅原達也さんというらしい。
今日、NHKの福祉ネットワークという番組で彼が取り上げられる。

もっと歌いたいぜ!-パーキンソン病と闘うロック歌手-
10月15日(水)20:00~20:30

決して安定している状態ではないそうです。
Paulさんのもっと歌いたい!という想いに応えるように、再結成され活動をはじめた44マグナム。
彼の思いのこもった姿を、ぜひ見てください。
よろしくお願いします。

<NHK 番組紹介より>

80年代、ハードロックバンド「44マグナム」のボーカルとして活躍した歌手・梅原達也さん(47)。梅原さんは、今「若年性パーキンソン病」と闘いながら、ライブを続けている。手足の震え、体中を襲う痛み・・・。パーキンソン病は、根本的な治療法はわかっておらず、薬で症状を抑えることしかできない。梅原さんはおととし病気をファンに公表し、新しいバンドを結成した。みずからがステージに立つことで病気への理解を広げ、少しでも患者の役に立ちたいと考えたからだ。病と闘いながらステージに立ち続ける梅原さんの姿を追う。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。